おなら(欧米では、おならをするより、げっぷをする方が失礼なんだとか)は臭いのだそうですが、おならのニオイにも個人差があります。貴方のおなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)でも、たまに妙にニオイがきついと感じる事もあるのですよ?おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)の正体は、そのほとんどが食事の際に口から入った空気ですので、それ自体には殆どニオイはないでしょう。実は、おなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)のガスの中の多くが無臭と呼ねれているんです。しかし、食べた物が消化されるときに発生するガスは、その食事内容や体調によってもニオイが発生します。例えば、ニンニクというように元々ニオイのきつい食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)もおなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)のニオイの原因になりますが、肉や魚・卵と言う動物性たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)も、消化分解されるときに臭いガスでしょうね。現代人、特に若者たちは、肉食中心の食事内容の人が多いようです。すると、おなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)のニオイも臭くなると思います。食事内容自体で言えば、肉食よりも野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)など食物繊維(不足すると大腸の働きに問題が生じる可能性が高いです)の多い食事内容の方がおなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)のガスの量が増えるようですが、動物性たんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)はおなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)の量は少なくても臭いガスであると言われています。動物性タンパク質(脂質、タンパク質、糖質は摂り過ぎもよくありませんが、不足するのもよくないのです)の摂取では腐敗性ガスが発生するだけではなく、体内の悪玉腸内細菌も増やしてしまうのです。食物繊維(ダイエットはもちろん、生活習慣病や疾患の予防のためにも摂取したいものです)や腸の中の善玉菌が少ないと、便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)にもなるはずです。体の中に便がたまった状態では、便からガスを発し続けますから、おなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)の量も臭いも増えてしまってます。そういう意味で言うと、体内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことで便秘(およそ800万人もの人が悩んでいるといわれています)も改善させることが出来、おなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)のニオイを改善する事ができるはずですー